3Dプリンタでストライクウォーリア用の自作パーツを作る!

ストライクウォーリア_サムネイル

サバゲ全力enjoy野郎、sakoです!

突然ですが誰しも自分専用、オリジナルの銃を使いたいと思いますよね…?思うはずです。
人一倍こだわりの強い自分はとうとうアレに手を出してしまいました…そうアレです。

3Dプリンタです!!!!

3Dプリンタを使えば好きな形のパーツを作れるので、まさに自分のようなこだわりたい人にはぴったり。

今回自分がつくったのは東京マルイ製ストライクウォーリア専用のコンペンセイター(?)です。
コンペンセイターというより拡張フロントスパイク?なんと言えばいいんですかね…

まずこんな感じで3DCADソフトを使って作ります。
使用ソフトはAUTODESKのFusion360です。

CAD画面

CAD画面2

これで強度や接合部の形などを考えて4回くらい改良を重ねてます。

データができたので3Dプリンタで出力。
3Dプリンタを持っていないので、DMM.makeの3Dプリントサービスを使います。
http://www.dmm.com/pr/make/010/

出力できる素材が豊富で、軽量ながら強度もあるMJFという出力方式があるのでここを選びました。
https://make.dmm.com/print/material/85/

このパーツをMJFで出力すると約6,000円ほど。
注文してから到着まで一週間くらいかかりました。

届いたパーツをつけてみると…
3Dプリンタ出力後

磨き加工のオプションを付けているのですが表面は少しざらざらした感じ。
このままだと銃の色に合わない為スプレーで塗装していきます。

塗装前

塗装初心者なので、適当にタミヤのスプレー塗料を買いました。
フレームがブラック、スライドがシルバー、アウターバレルがゴールドなのでこの3色を使っていきます。

塗装後

これで完成です!

何度も出力しては作り直してを繰り返してしまったので2万円くらいかかりましたが、完全にオリジナルのストライクウォーリアができたので満足です!

このパーツは欲しい方がいらっしゃれば8,000円くらいで販売したいなぁ…と考えています…(誰かいないかな)

最近というかちょっと前にツイッターアカウントを作りましたのでこちら( @sako_vector )に連絡していただければ!

というわけでこれからもガンガン自作パーツ作りますよ!

銃(Gun)だけにね!!!!!

関連記事

  1. 取り回し抜群!スコーピオンmod.M【レビュー】

  2. 屋内用にパワーダウン!18禁に10禁パーツを組み込む!

  3. PSG-1を遠くまで飛ばし隊 電気ナマズ組み込み

  4. 東京マルイ「Newフルオートトレーサー」と電動コンパクトマシンガン「スコーピオンVz61 ]

    東京マルイNEWフルオート・トレーサーのレビュー・口コミ・評判・評価・スペックなど

  5. 弾速が落ちてきたときに試すべき3つの方法【長物メンテナンス】

  6. 小型マガジンウォーマーを作ってみた!